2012年12月アーカイブ

ありがとう2012

こんにちは☆

本年度も応援下さる皆様のおかげさまで
私は1年つつがなく過ごす事が出来ました。

心より感謝を込めて
皆様の健康と幸せをお祈りしております☆

私にとって2012年は「命」について
自ら愛するものの存在や自分の肉体を通じて
様々な角度から体験をさせて頂いた時間でした。

哀しみや思い通りにならない体を前にして今、感じた事。

それは非常にシンプルで。

命の輝きに満ちている世界は美しいという結論でした。

闘病を体験した今の私には
以前より逆に命が眩しく愛おしく感じるようになりました。

色々な生命の輝きが光の泉の様に内側から輝き、
外に向かって吹き上がるのを感じたり。

森の中に入れば風にのり、
何もない風景の中で命のうたが体をぬけていくのを
感じたり。

エネルギーで命を捉える感覚。

不思議で、でも自然な感覚。

来年はそんな私に出来る、今の日本の、美しい風景を探して
より一層の祈りを込めて旅をし、私にしか描けない世界に出会っていきたいと
おもっています。

もっともっとこの感覚を自在に表現出来たらなぁ。。

そんな想いを抱いて
来年はいくつか新たに勉強をする1年にしようとおもってます(^^)

学べることはなんと幸せだろうとおもう。

本当に本当にありがとう2012。全ての出来事へ。

教室通信

池袋教室です。
先日お教室に向かう途中で出会ったトナカイ。
発泡スチロールとフェイクファー製という事で驚きました。
人間てすごいですね☆よく出来ています☆

こちらは永沢まこと基礎クラスとして
現在募集していない永沢まことプロ講座と同じ
池袋コミュニティカレッジにあります。

プロ講座の方々はサラッと全紙サイズの紙に描いてこられる方も多いので、
いきなりそんな風に突然入るのは辛い、、、まずは楽しんでスケッチを描きたい。
でも実力もつけたい。一緒に描く仲間も欲しい。永沢さんに会いたい(笑)
そんな人にぴったりのクラスです。

永沢さん基礎クラスという事もあり永沢まことさんと直接触れ合い、
一緒に絵を描いたり、講評も考えています。
ご参加者の皆様は楽しみにしていてくださいね!(^^)

今年最後の日はスタバにいきました。
あつらえた様な素晴らしいソファ席が人数分空いていて、
美味しいコーヒーを頂きながら楽しく描きました。

私の絵。登場人物はHさん。

こんな小物手前に置いたりして。一点突破の練習です。


そしてご参加者の作品をいくつかご紹介(^^)

こちらの方はピンクの使い方が絶妙!
今、クラスで陰にピンクを差すのが密かに浸透中。
何故こんなに可愛くおしゃれにビールやハイボールが描けるのか。。。
もっともっとワールドが見たいです。

こちらの方は、特に北海道シチューのパッケージが可愛くて
たくさん、たっくさん描いてこられた中で一つ選ばせて頂きました。
人物も花も野菜も描いてこられます。

色遣いにとてもセンスを感じています。
この雰囲気や色を壊さずどうしたらダイナミックにできるか。。。
とても今から楽しみです。

この方はフェイスブックでもご自身の作品を精力的にあげられています。
何年も独学で描いてこられたとのことで、
力強く、ダイナミックな側面とロマンチックな部分もあって良い絵描きさんだと
思います。

最後にコンドウのラベル。
夜なべして描いたので手の震えがでてますが(爆)がんばりました。
赤みそラガーって。。。一回飲んでみたいわ。

また来年永沢さんとご一緒に野外スケッチにいく企画など、
盛りだくさんです!楽しみにしていて下さいね。お疲れさまでした。

教室通信

武蔵境教室でも講評会をいたしました。
こちらのお教室は最終日の出席率が悪かったので
お会い出来ない方々がいたのは残念に思いましたが、
いらして頂いた方の絵を心をこめて拝見し、ポイントのお話をいたしました。

こちらはもともと別の講師の方がやっていたお教室ですが、
今年ご都合で数ヶ月お休みをする事になりおやめになられました。

その後、
永沢さんとその講師の方からお電話を頂いた事がきっかけで、
引き継いだカタチで数ヶ月の時を置かせて頂き、今年ひらいたお教室です。

ですからまだ私も手探りでやっておりますが、
何年も描いてこられた人と新しい人が入り交じっている印象です。

こちらのIさんは何年も描かれている方です。
はっきりとした色を上手にアクセントに使われています。
深大寺植物公園のバラ園を描いています。色々な人物の表情が楽しいですね。

こんな風にこれから色々な作品をご紹介出来たらと思います。


また皆さんのお話を伺って、
来年は水張りの仕方から紙についてなど
基礎をきちんとやっていきたいと思います。

今年は本当にありがとうございました。
来年も楽しみにしていて下さいね!

教室通信

こんにちは。
寒暖差が激しくって電車にのると色んな人の咳が打楽器のリズム。
年末は忙しいこともあり、体調が崩れやすい人が多いようです。

どうぞhpご覧の皆様はお大事にしてくださいね☆

さて今年分は最後になります連続教室通信。
こちらは津田沼教室。

こちらは講評後の打ち上げ風景。生パスタ美味しかったです(^^)
沖縄のサンシンをひかれる方がいらっしゃるので、
何曲か披露して頂きました〜。とっても素敵でしたよ。

厚手の上着を脱いだTシャツにもさりげにウチナーンチュ。さりげなく遊び心満載です(^^)
また今日の為に歌詞プリントもオリジナルでご用意下さっておりました。
ありがとうございます!!
ストーンさんのお陰で皆さんと共に楽しい時間を過ごす事ができました。

そして今回のご紹介はこちら。yさん。
神楽坂の石畳を丁寧に丁寧に描くのは難しい。。。
凄みを感じる良い絵だと思います。

あくまで私の考えですが、
もちろん「芸術」ですので「術」は大切にしていますが、
良い絵とは必ずしも上手に描いたり、
テクニックや構図が優れている事ではないと思っています。


本人がどれだけ時間や心を込めて絵に向き合い、
丁寧に時間や心をこめて絵を描いたか、、たとえサラッと描いている様でも、
その線が産まれるまでにどれだけ心を砕いたか。。。
そんな部分も大切だと思うのです。そして人の心をうつ。
Yさんの絵はきちんと構図もとらえていらっしゃのに、
そんな心の部分も感じられて素敵だと思います。

つぎにこちらはTさんの絵。
この方はコンクールにだしたり、永沢さんのバスツアーに参加なさったり
お教室以外でもアグレッシブに活動しています。
お教室に入られた際は全く絵画の経験がなかったとの事でしたが、
そんな印象は感じない素晴らしい実力です。
自信をもって、どんどん活躍していくのを楽しみにしています!

最後はSさんの絵。
こちらは成田空港です。
まだ入られて間もない方ですが、経験が少ない時期に空港みたいな無機質な場所は苦労します。
そんな中で自分のえがきたいお店を選び、人も入れて描いています。
人物の表情もよく表現されていてよいと思います。

来年は一つ目標を定めて、
それに向かって邁進していきます!!
どうぞご参加者の皆様、楽しみにしていて下さいね(^^)
ありがとうございます。

ストーンさんブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/stoneijp/37752898.html

教室通信

こちらは仙川教室のご紹介。
こんな風に今年は各教室でざざーーーと並べて講評させて頂きました。

私は教室でわりと優しいとか怒らないと言われているのですが(汗)
皆さんに実力がついてもっとランクの高いお話が必要だと思いましたので、
全てのお教室を通じて今回ビシッとした事もお話ししました。

線だけで下書きも構図も厳密にとらずに、
感性のまま、真っ白い紙にいきなり描くのに、
皆さん、これだけのモノを描くんです。

絵は、一生を通じた「道」そのものなので、
それだけ描ける人たちが教室に多いのは私自身の励みにもなり、
心強く思います。本当にありがたいことです。

初心者の方はそんな人たちに引っ張られ上がっていくし、
経験者は違う感性とふれあう事で切磋琢磨されていくと思います。

こちらはnさんの絵。人物ばかりを描いています。
もう自由に楽しく色々な人の表情や動きを捉えていて、見ていて楽しくなります。

こんな少し上からの構図は頭でっかちになりやすく難しいのですが、
上手に描いています。空港らしい光沢のある床の表現も素晴らしいです。

そしてこちらはnさんの築地。
場外の碁盤目の道からでた処のコーヒー屋さん。
自転車やビールケース(?)などがごちゃごちゃ店前にあったりして、
けっして奇麗な景観ではないけれど、
多くの人に愛されて利用されてる雰囲気がよく出ていると思います。
こんな風に街の空気感を切り取るセンスはすばらしいです。

そしてこちらはsさんの絵。
夏に人物特訓として外人モデルとヌードをやった際の絵です。
外人はロシア人の可愛らしい女性でロシアの民族衣装を着てもらいました。
そこからインスパイアされて、
背景にその民族衣装にまつわるロシアの歌を描いたりして
ふくらませて楽しんでいます。

こんな風に来年も皆さんの個性が広がる1年になる様に
していきたいと思います。今年もありがとうございます。

ご報告

先日東京都美術館にて行われた太陽美術展にて展示をさせて頂きました。
その際に財団法人日本青年館賞を頂きました。

日頃より私の活動を心から楽しみにして下さり、
また温かいご支援を下さる、みな皆様、
心よりありがとうございます。

この場をかりて感謝とご報告をさせて頂きます。

応援下さる皆様のお陰でこうして制作をする事ができ、
また、今回賞をいただく事ができました。
是を励みに来年の制作に精進したいと思います。

来年もどうぞ楽しみにしていて下さいね(^^)
降りてきているビジョンと場所はもう、しめされてるから。

太陽美術協会の会長様から嬉しいお話も伺えて、
今は本当にまず必要なのは健康!そして身体作り。

よい絵を描くにはきちんとした身体をつくらないとね。
削ぎ落して、フォーカス。。そしてLOVE。

山下のおじちゃん

東京藝術大学で行われていた山下さんの展示を
ちょこっとご紹介いたしますね☆

秋晴れの美しい散歩道。本当に上野は気持ちがよいです。
そんな道をテクテク歩くと東京藝術大学が。

こちら東京藝術大学の陳列館におじちゃんの作品が並んでおりました。
やっぱり素晴らしい。。。。深みのある何ともいえない赤!

本当に素敵です。

今回見そびれた方も銀座にて個展があります!
この機会に是非ご覧下さいね(^^)

山下了是 染色作品展
2012年12月6日(火曜日)〜15日(土曜日)*日曜休廊
12:00〜17:00(最終日は16:00)
ギャラリー田中  〒104−0061 東京都中央区銀座7−2−22同和ビル1F

love letter

プライベートなコトですが。。。
本当につい先日、
十数年共にすごした家族である愛犬が旅立ちました。
私がつけた名前は、マーリン。
理由は当時実家で飼っていた犬の名前がアーサーだったから。

私がペットショップで出会って以来、
初めて私自身が預かった命。

本当に本当に今も変わらず、
おそらく永遠に愛しているので、
今も幸せに、時には笑顔でくらす心の片隅で、
いつも彼女を想い涙を流す心があります。

この痛みさえ愛おしく想うけれど、
時が経てば薄れていくのが嫌で、
匂いのついた毛布を抱きしめたり。


今はただそばにいて温もりを感じたい。

もっともっともっと。

優しくしてあげたかったな。

サビシクナカッタ?


亡くなったとき。
そこにいない事はわかっていても、
信じたい自分自身に魔法をかけてしまう。
冷えてく身体に何度も手をのせて、
微かな鼓動が聞こえる気がする。
それは自分の脈の音。本当はわかってるけど。

自分の想いが強すぎて生きてる様に見えるだけ。

もしかしたら
ある人からみれば
ただの1匹の動物の死で。

生生流転の流れの一部かもしれない。

でも私は想う。

命あるものは皆、
たとえあなたのではなくても、
誰かにとっての、
かけがえのない愛しい存在だから。


そう、今、これをよんでいるあなたも。


もしかしたら命なきモノだって、同じ。


感じてほしいな。愛しさについて。

彼女の本当の血統書類の名前はango。ポルトガル語で天使の意味。
自分に天使なんて照れくさくて
勝手に魔術師でおじいさんの名前にしちゃったけれど。

あなたは天使。ずっと最初から。
これからは本来いた世界で
どうかどうしようもない私を見守っていてください。

元気にすごしてみせるね。
またどこかであなたと同じ瞳に出会える気がする日まで。
ありがとう。忘れないよ。ずっと。


もう長く歩けなくなったマーリンを
台車にのせて散歩した夕暮れに。