2013年6月アーカイブ

教室通信

JUNEって。
女子の名前の響きがあって。
「ようこそ ジューン」って思わずいいたくなる、6月。

1年の折り返し地点です。早いものですね。

4月に猛烈に寒い中、
桜を描いていたのは遠い昔。。。
まるで、はかない夢の様です。

その夢の様な4月の新宿御苑で描いた
私の作品を経過と共にご紹介いたしますね☆

こちらはひとまず完成の絵。

満開の桜の樹の下に入った時、
世界がすべて雪の様な桜色に染まり。息がつまる瞬間。

ときめいたモノ。

「風と色彩ーPINKー」

黒い樹の幹さえも桜の照り返しのピンクを感じて。

今回生まれて初めて、ピンクに桜の樹を塗りました。


こちらは描きはじめの線画。

桜吹雪の満開の下。
風が吹く度に手も動いて。

かじかんだ指で風と花びらを追いかけてました。幸せなヒトトキ。

次は。背景を描き入れて。

またもう1日、教室とは別に背景を描きにいきました。
桜と風と戯れるのは、気持ちよくて、気持ちよくて。


色塗り開始。
桜色に照らされた樹を一気に塗る。。

背景のグリーンを少し入れて。。

樹の色のバランスを微妙にとりつつ。。

背景と手前の桜を塗って

完成です☆


新宿御苑は何度も描きに来ていましたが、
自然の景色は同じ季節に
何度きても、ヒトトキも同じ瞬間が無く、
新しい発見と感動があって、大好きです。