2013年12月アーカイブ

壱岐

先日壱岐にいって参りました。
 

 
壱岐はあまり知られていないかもしれませんが、
古くから対馬と並び、
文化の交流の場として
大切にされ、栄えてきた場所です。
 

 
先日奄美にいった際に出会ったご縁で
今回はこちらにご縁を繋いで頂いたのでした。
 

 
随所に素晴らしいスポットが存在し、
繊細で荒々しく、またやわらかいエネルギー。
 

 
実際に訪れると、
素晴らしいエネルギーに魅了されます。
こちらは住吉神社のご神木。
 

 
海女集落や住吉神社では現役の神職のみで舞う
素晴らしい素晴らしい大々神楽。。。(一見の価値あり!!!)

タタミ2畳ほどの広さの中ですべて舞われるということで、
どんなだろうか。。。とワクワクしていましたが、
実は神楽は四方を順に舞払いながら移動するようで、
狭くなればなるほど円を描く様な動きに感じられ、
ステップも複雑な印象で素晴らしいです。

そして大々神楽後の直会で
教えて頂いた宮司さんや皆様から頂いた言葉の数々。。
心に刻んで進んで行きたいと思います。
 

 
こちらは壱岐にあります日本で最古の月読神社。
神主さんもまるで大黒様の様なお会いするだけで福運があがる様な
とびっきりの笑顔が素敵な方でした。
 

 
また美味しい海の幸や
素晴らしい自然の景観に圧倒される
貴重な時間。。☆
 

 
今回お世話になりました平山旅館にて。
ここの女将はまさにその人が女神であり、
パワースポットなんですよ(^^)
 

 

 
食事も美味しい!おすすめです。

。。。。。。。。。。。。。。

やっぱり、、、。。。
最近、ご縁を頂く島々にて巡り続ける中で感じる事。
 

 
まず「人」そしてそれを包む「自然」があってこそ。

エネルギーの交歓がうまれて、
そこに物語が産まれる気がする。

大きな、大きな自然へ、
敬い、畏れ、恵みを頂く感謝の心。

そのためには
違いを受け入れ、認める事。
その上でその異質なモノと共に
新しいモノを生み出していく事。

今あるものを表面だけ真似をするのでは無く、
相手を尊重をしながらアレンジをして、
その上で研ぎすまし全く独自の、
優れた新しい文化としていく。。。

それが大きなうねりをつくる。。

そんな思いを
今回の壱岐の旅で感じさせていただきました。

今回ご参加された皆様、
ご案内頂いた、
海女ちゃんこと合口さんをはじめとする海女長さんや地域おこし隊の皆様、
大々神楽にご縁のある素晴らしい神社の方々、
月読神社ならびに住吉神社の宮司様。
そして宗像大社の養父さん、泰永さん、坂元先生。

本当にありがとうございました。


壱岐神楽
http://nagasaki-jinjacho.or.jp/kagura/iki-kagura.html